「おどす(威す・脅す)」と「おびやかす(脅かす)」 

「おどす(威す・脅す)」は「おじる(怖)」の他動詞形
1 こわがらせる。恐れさせる。脅かす。脅迫する。 
  「ギャングがピストルで脅す」「強盗が刃物をつきつけて脅す」
2 はっと気付かせる。びっくりさせる。驚かす。
  「後ろからわっと言って脅す」

「おびやかす(脅かす)」は、「おびえる」に対する他動詞 
1 おどして恐れさせる。「死者の背後霊が訪れる人を脅かす」
2 安全な状態をそこねて危うくさせる。「生命を脅かす」「平和を脅かす」
3 地位や身分などを危うくさせる。危ない状態にする。「王位を脅かす」

「おどす(威す・脅す)」は具体的で、目や耳に直接恐怖感を与える。
「おびやかす(脅かす)」は目前でなくても、拒むことができない力で恐怖感を与える。
[PR]
# by iwaoka2 | 2006-10-01 22:14

石と岩はどう違うか

 石は岩より小さく、砂より大きい鉱物質のかたまりをいう。石は一個二個と数えられるが、岩は数えられない。「一枚岩」という言葉があるが、二枚岩とはいわない。「一枚岩」は裂け目のない大きな岩のことで、強固な団結や組織などに譬えられる。 
石は、「石頭 石部金吉 石女(不生女ウマズメ)」等のように、堅いもの・つまらないもの・冷たいもの・無情なもの、困難なこと、堅固なことなどにたとえられる。
墓石、碁石、硯、宝石、建築材料等、多くのものに利用されている。
岩はその大きさの故か、あまり利用されていない。
しかし、どれ位の大きさから岩と呼ばれるのかは分からない。
英語では、stone は rock のかけらで,あまり大きくない石のこと。

その大きさで呼び名が変わるものには、鷹と鷲がある。
どちらもタカ目であるが、大形のものはワシという。小・中形のものをタカという。
[PR]
# by iwaoka2 | 2006-09-01 21:20

「一杯」と「いっぱい」

 「一杯」は、通常飲み物やご飯等を器に適量入れたものを、一杯 二杯 三杯と数える時に使われる。  
それから、「一杯」がいろいろな意味に使われ始める。 
「どうです、一杯やりませんか?」というのは、酒場で酒を飲みませんか?という誘いの意味である。「一杯飲屋」酒や焼酎やビール等のアルコール飲料を提供するあまり高級ではない店を意味する。「一杯機嫌」は酒を飲んでいい気分になることで、一杯に限らないが酒の量は多くはない。 

一定の容器の他に、広場や道路や公園やホールに人が多く集まった状態にも使われる。「広場いっぱいの人」「道路は人や車でいっぱいである」これらの「いっぱい」は、「多くの」という意味になる。
「精一杯頑張ったけれど・・・・」「扉をいっぱい開く」「腹いっぱい」も限度まで、たくさん、という意味である。
「わがままいっぱい」は、思う存分。したいだけ。
「太陽がいっぱい」も、一つの事柄の多さを強調している。

「一杯一杯」は、「いっぱい」を強調してもうこれ以上は無理で、ぎりぎりの限度に達しているさま。「わが家の家計は、一杯一杯である」
「今週いっぱい」は、時間や期間の限度を表す。
この他、意味の範囲が広がって、「一杯食う」は、だまされる。「一杯食わす」は、だますという意味である。
[PR]
# by iwaoka2 | 2006-08-01 22:08

「~頃」と「~位」

 「今頃 此の頃 近頃 年頃 中ナカ頃 食べ頃 見頃」のコロはゴロと連濁をおこして、漠然とした時間や日数や時期を指す。「手頃 値頃」も連濁をおこして、丁度良い、自分に適していることを表す。  
この頃ゴロは最近のこと。  
この頃コロ は、前後の文脈からある時期を指す。 
 江戸時代の浮世絵は日本の代表的な版画で、此の頃コロは一枚一枚丁寧に手で刷っていた。此の頃ゴロは印刷機とその技術の発達で、一度に大量の絵を刷ることができる。

 「~位」は、「中位 これ位 それ位」等で、大きさや長さや重さや嬉しさ・悲しさ・辛さ等の程度を表す。
「中位の長さの棒・これ位のスイカ・これ位嬉しいことはなかった」のように使われる。
[PR]
# by iwaoka2 | 2006-07-07 22:39

「確かに」と「確か」

「確かに」は形容動詞で、確かさの程度が強い。 
「書類は、確かに受け取りました」間違いのないこと。確実なこと。
「まだ頭は確かだ」「身元の確かな人」危なくないこと。安全なこと。信用できる。
「確かな証拠」「出所の確かな骨董品」はっきりしていること。明瞭なこと。

「確か」は、「(自分の記憶によれば)まず間違いなく」という意味であるが、最近その確かさが少し弱められて、「思います」の意味が強くなってきた。
「それは、確か去年の6月だったと思います」
「確か、君の家の近くの寺だと思う」

「確かに」は、確実なはっきりしていることである。「確か」はあまり確実ではない。
[PR]
# by iwaoka2 | 2006-06-02 00:07