<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

春の訪れ 


 今日は立春だが、生憎立春寒波がやってきて、寒い。本当の「春の訪れ」が、待ち遠しい。
「訪れ」とは、「たずねてくること」「人や物事の動静」という意味である。しかし、「友人が我が家を訪れた」とは言わないし、「私が京都を訪れた」とは言わない。それは、「行く」「来る」を使うからである。

 テレビやラジオで、「お花見に、○万人が上野公園を訪れた」「京都を訪れた人は・・・」と放送される。それを見て外国人は、「私は日光を訪れました」という。どこかおかしい。
それは、友人や私は特定の人物である。話し手が何処に居るかはっきりしている時は、「行く」と「来る」を使うからである。話し手が何処に居るかによって、「行く」と「来る」の使い方が決まる。その場所に居る時は「来る」を使い、その場所に居ない時は「行く」を使う。従って、「友人が我が家に来ました」「私は日光に行きました」となる。

 テレビやラジオでは、「京都に行く」も「来る」も使えるが、話し手が何処に居るかはっきりしない。そこで「訪れた」を使うと、話し手の居る場所がはっきりしなくてもよい。また、「行く・来る」は主に動きを意味するが、「訪れ」は様子や有様も表す。
[PR]
by iwaoka2 | 2006-02-04 23:38