<   2004年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

粛々と

 学歴問題でお騒がせの国会議員が、進退問題で述べた。「粛々と議員活動を続ける」と。国会議員は漢語がお好きなようである。「今のお気持は?」と聞かれると、一様に「天気晴朗なれど波高しだ」と答える。皆分かったような、分からないような感じであるが、深く追求する気もない。
「粛々と」で一件落着のようであるが、「粛々」とはどういう意味だろうか。漢語本来の意味は「物事を行うとき、慎重に、身をひきしめて行うさま」や「むちの音、鳥の羽ばたきの音、松風の音、耳鳴りの音などを形容することば」(漢字源)とある。
それが日本語となると「つつしむさま」「静かにひっそりしたさま」「おごそかなさま(葬列が粛々と歩む)」(広辞苑)となる。
「粛々と議員活動を続ける」とは、どういうことであろうか?これは議員活動をつつしむので歳費も返上し、学位獲得に努力するという意味であろうか?それが選挙民の望みかどうか、もう一度選挙をやり直した方が、スポーツマンらしいフェアプレイだと思う。
[PR]
by iwaoka2 | 2004-02-22 23:28 | 言葉のエッセイ