証明写真

 またまた誕生日がやってくる。運転免許証の書き換えに石神井警察署に行った。写真のフィルムがたくさん余っていたので、白い壁の前で帽子も被らず、何枚も顔の写真を撮った。一番美人に撮れている写真を持って行った。そこで、女性警察官に言われた。これは証明写真ではない。インスタント写真でもよいから、証明写真を持ってくるように。「何故これがいけないのですか?」と訊ねると「これはスナップ写真だから駄目です」という。「もしこれを証明写真のサイズに切っていたら、証明写真とスナップ写真の区別は何故分るのですか?」と訊ねたが「それは分らないが、スナップ写真は駄目です」の一点張りであった。難しい就職試験より常識が大いに求められるこの頃である。


 また、別の運転免許証の書き換えに行った時、受け付け3番と書いてあるのでそこに行った。警察官が座っている前の台に行ったが、こちらを向いている彼は全く知らん顔。はて?私は間違えたのかなと思って、もう一度受け付けと書いてあることを確かめておそるおそる「お願いします」といった。警察官はロボットのごとく、横柄に書類を受け取った。電車やエレベータなどうるさい位機械でのアナウンスがあるが、警察官はしゃべらないのかも。


 最近の警察官の不祥事があれこれ表沙汰になったが、氷山の一角と感じられる。交番の多くの親切なおまわりさんには気の毒だが、警察署に移ると人間が変るのだろうか?



--------------------------------------------------------------------------------

岩岡登代子 (February 12, 2000)
[PR]
by iwaoka2 | 2001-01-01 23:46 | 言葉のエッセイ
<< 不倫トン大統領 「さん」と「様」 2題 >>