難しい言葉

非」と「不」と「無」

 「この三つの語の違いは?」辞書を調べたが書いている辞書がなかった。
否定を表す語であるが、その違いをみてみよう。


 「非」は非常識・非公開・非合法・非合理・非売品・非常・非凡などのように、後ろの語の意味がもつ枠から外れたという意味である。道理にそむいたり、道にはずれたりというよくないことが多い。非運・非人道的・非俗・非道・非難・非人・非礼などもその例である。


 「不」は不安・不意・不運・不快・不信・不足・不能・不変・不便・不要・不和など「…ない」という打消しの意味である。不安定・不可能・不健全・不親切・不得意なども同じ意味である。最近流行の「不倫」は、辞書には「人倫にはずれること。人道にそむくこと」とある。
「非倫」の方がよいのでは? 道徳的ではないということで「不倫」なのか?


 「無」は無縁・無害・無給・無限・無力など、「有」の字と取って代わることができる。
「有る・無い」の無いで、存在しない意味である。
「無」は呉音はム・漢音はブである。無愛想・無作法・無粋などはブと読む。


 いずれも否定を表す語なので、厳密に使い分けられないこともある。
しかし、「非」には善悪の価値観が多少加わるが、「不」「無」は単なる打消しや存在しないという意味で善悪の意識はない。従って、「不」と「無」のどちらでも使える語もある。
案内・気味・器用・沙汰・作法・調法・風流・用心・様・粋などは、ブアンナイ・ブフウリュウ・ブザマのように全てブがつき「不」と「無」の両方が使える。
 非法(法にはずれること)  無法ムホウ(法にはずれ道理のないこと・乱暴なこと)
 非礼(礼儀にはずれること) 無礼ブレイ(礼儀をわきまえないこと)
 非運(非常なふしあわせ)  不運フウン(運の悪いこと)などは両方使えるが、
意味のニュアンスが多少異なる。



--------------------------------------------------------------------------------

岩岡 登代子(November 12, 1999)
[PR]
by iwaoka2 | 2001-01-01 23:44 | 言葉のエッセイ
<< 青と緑 日本製外国語には気をつけよう >>