紛らわしい言葉

「I'm going to 日光 トゥダイ」

 英国人のD君は魚が嫌い。特にツナは苦手だとか。初めてみそ汁を出した時、これは何だー?とばかりクンクンと臭いをかぎ、おそるおそる舌でなめてみて「フィッシーだ」とのたまった。辞書には「fishy-魚臭い・あやしげな」とあった。 肉族と魚族の違い!
 しかし、D君の英語には我々が昔昔中学・高校時代に習ったあの懐かしい英語が聞ける。
時間をいう時、アメリカ人は「Ten thirty」、イギリス人は「Half past ten」。歩道は「sidewalk」と「pavement」。イギリス人の発音は異う。Aは「アイ」と発音する。OKは「 オー カイ」となる。
「I'm going to 日光 today」をアメリカ人が言えば「今日 日光にいきます」 と解釈するが、 イギリス人が言うと「私は日光に、死にに行きます」と解釈して、慌てる。華厳の滝は自殺の名所?だった。
私がテームズ川と言ったらタイムズ川と直してくれた。テームズ川とタイムズ スクウェアを発音してもらったら確かに微妙な異いがあるようだが、別々に聞けば私には区別がつかない。
D君は築地の魚市場に行った時も、腕で鼻を押さえていた。「Fishy!」




びよういんで頭を切る

 日本語がとても上手なW君に、ついうっかり「これからびよういんに行って頭を切ってきます」といった。W君はびっくりして「どうしたの?」と聞いた。「髪の毛が伸びたので・・・」といったら、なあんだーといった。W君は病院に行って頭の手術をするのかと思ったそうである。
病院と美容院 叔母さんとお祖母さん。お若い叔母さんにお祖母さんといっては大変!
牛乳と乳牛、 可愛いと怖い、 花と鼻、 橋と箸まぎらわしい。




おいしそう!

 料理をつくっていると学生が台所に入って来て、おいしそうという。 そう、その「そう」の使い方はとってもいいわよといったら、喜んでこの服は大きそう、この魚はまずそう、外は暑そう、テーブルの上のトマトを見てかわいそうといった。 ストップ! 可愛いそうだけはだめ。
「そう」とはどういう意味か? 実際はどうかわからないが「そのように見える・思う」という意味だ。そうするとおいしそう・大きそう・暑そう・強そう等は実際に食べたり、着たり、外に出てみれば判ることであるが実行する前に感じたことを言う。
 「可愛い」は意味の上で、その語自体に見える・思うという意味が含まれている。だから「可愛い」だけでよい。この「そう」は文法的には接尾語といわれ、他の言葉の後ろに付いてその状態を推量する。「かわいそう」は一語で、形容動詞「かわいそうな人」などと使う。「可愛い」とは意味が違う。



--------------------------------------------------------------------------------

岩岡 登代子(October 4, 1999)
[PR]
by iwaoka2 | 2001-01-01 23:44 | 言葉のエッセイ
<< 青と緑 日本製外国語には気をつけよう >>