「です」と「ます」

 我々日本人は文法など解らなくても、日本語をしゃべるのには困らない。
言葉は自然に口から出てくる。改めて「です」と「ます」の違いはなにか?と聞かれると即座に答えられる人は少ないと思う。「私は岩岡です」「コンピュータは便利です」「カレーを食べます」「このカレーはおいしいです」「私はカレーが好きです」「音楽会は今日です」「カラオケに行きます」このようにいろいろ使ってみる。「です」と「ます」の直前の言葉を見てみよう。「便利・食べる・おいしい・好き・今日・行く」 この中で、「食べる・行く」は動詞で「ます」がつく。「カレー・好き・今日・おいしい」は名詞や形容詞や形容動詞で「です」がつく。このように、「です」と「ます」はきちんと文法によって使い分けられている。

 これが日本語を学ぶ外国人には難しいようである。
我家にホームステイしたD君、元気よく「行ってきまーす」と出掛けた。夕方帰ってきた時「ただいます」と大声で言った。朝の挨拶は丁寧に「……ます」をつけたのだから、帰った時も丁寧に言った方が良いと思ったのであろう。いつも「おかえり」といわれるので、「おかえり!」と元気よく帰ってくる学生もいた。日本語に自信のない留学生達はどうしても声が小さくなる。毎日同じことを大きな声で言うと、だんだん慣れて上手に話せるようになる。



--------------------------------------------------------------------------------

岩岡 登代子(July 1, 1999)
[PR]
by iwaoka2 | 2001-01-01 23:42 | 言葉のエッセイ
<< ニックはニックネーム