「日韓」か「韓日」か 

 ワールドサッカーの開催であれこれもめることも多かった。なんとか、話し合いで解決した。
「日韓」か「韓日」かでも、もめた。英語ではアルファベット順ではなく、Korea Japanで決着した。
日本語の特徴は後ろにくる方が大切なものが多い。「行きます」「行きません」のように、最後に大切な意味がある。英語は頭に大切な言葉がくるので、「Yes,・・・」「No, I don't go」となる。

国の名前だけは日米・日英・日中等と日本が前につく。これも、相手を大切に思う心遣いからか?「黒白をつける」でも「白黒をつける」でも同等のものはどちらが前でもよい。

最近会社の合併が多い。銀行などは何度も合併が繰り返された。対等合併などとうたっているが、名前を見ればどちらがメインか分かる。三井住友銀行は英語ではSumitomo Mitui 銀行と前後が逆になる。東京三菱銀行は国内では三菱銀行の支店数は圧倒的に多い。しかし、外国での知名度は東京銀行である。従って、英語でもTokyo Mitubishi銀行と国内と同じ順である。
[PR]
by iwaoka2 | 2002-03-25 23:36 | 言葉のエッセイ
<< ハツカとフツカ ヨウカとヨッカ 「言った」「言わない」の議論  >>