禁煙席

 最近は「禁煙」がうるさく取り沙汰されるようになったのは嬉しい。電車や駅が全面的に禁煙になってきた。しかし、レストランや貸し切りバスや船などは、客に遠慮して禁煙がいい加減になっている。レストランなど混み合ってきた時、一部屋に3つ~4つのテーブルがあると客の要望に応えて、テーブル毎に禁煙席・喫煙席の札を置くだけである。
またクルージングの船で、船首の展望室などはテーブルに一応禁煙席・喫煙席の表示はある。換気のよくない部屋はタバコの煙でいっぱいとなる。文字通り煙禁止の席にしてほしい。しかし、現実は煙を出すことは禁止であって、煙の往来は自由である。早く無煙席を作ってほしい。
[PR]
by iwaoka2 | 2003-05-10 23:31 | 言葉のエッセイ
<< 「貴女は安いです」  連濁と日本語-9 畳語と擬音語... >>