「貴女は安いです」 

 メキシコからきたカルロス君、身長は190センチ余。いつも「鴨居に気を付けて」と注意する。「カルロスは背が高いです」といつもいっていた。ついでに「私は低いです」と教えた。
日本に来て、物価の高さにびっくり。すぐに値段が「高いです」を憶えた。反対の言葉は「安いです」を教えると、「メキシコは安いです」を連発する。多くの日本語が一度に頭に入って、ごちゃごちゃになる。
時々「ただいま」といって出掛けたり、「おかえり」といって帰ってくる。「僕は背が高いです」「登代子さんは安いです」といってのける。
[PR]
by iwaoka2 | 2003-06-10 23:31 | 言葉のエッセイ
<< 「まだ」と「もう」 禁煙席 >>