第二外国語

 日本に日本語の勉強に来る交換留学生の多くは、アメリカの大学から来る。
交換校の大学では、外国語としての日本語以外の講義は、英語で行われる。そのため、英語圏以外の国から来た学生は、英語力が要求される。彼らにとっては、第一外国語は英語、日本語は第二又は第三外国語となる学生が多い。
 スペイン語・ドイツ語・フランス語等のヨーロッパの言語は英語に近い。単語など発音は違うが、非常に似ている。学生達も英語で話し初めても、夢中になるといつの間にかスペイン語やドイツ語になってしまうこともある。
 しかし、近い言語といっても彼らにとって、英語での講義はかなり労力を必要とするらしい。第二外国語である日本語をマスターするのも、かなりの時間と努力が必要となる。
政治経済等、他の講義のレポートを英語で書くのは簡単ではない。その上日本語の勉強である。どうしても、日本語の勉強がおろそかになる。
そんな学生が、語学スクールで日本語を習うと意外に早く上達する。英語を使う必要がないからである。
英語圏からの交換留学生は、自国語で論文を書くのであるから有利である。その分、日本語の勉強に集中できる。また、第二外国語は必要とされていない。
アジアからの学生は、日本語が上手で、日本人と一緒に普通の大学で勉強する学生も多い。韓国語は日本語に近いし、中国語は同じ漢字圏である。
[PR]
by iwaoka2 | 2004-05-15 23:27 | 言葉のエッセイ
<< 財布が落ちている  桜・桜・桜 >>