日本全国 ×世界全国

 「日本全国」と言えるが「世界全国」とはいわない。
「日本全国」は、日本の国の隅から隅まで全てという意味である。
世界は多くの国から成り立っていて一つの国ではないので、世界全国とはいわない。
「全国」には世界中の全ての国々という意味もある。従って、世界をつけなくても「全国」だけでよい。

我々は、そんな理由を知っていなくても、正しく日本語を話す。しかし、外国人は一つずつ学習しなければ、正しいかどうか分からない。
外国語の表現を日本語にする時、辞書を調べてこれでよいと思える言葉を選ぶ。しかし、それがとんでもない表現になってしまうこともある。

イタリアのあるホテルの宣伝に、「当ホテルは三流で・・・・」というのがあった。勿論、三ツ星ホテルという積もりであった。しかし、日本では星の数を誇るのではなく、一流と数字の少ない方がよい意味を表す。

米大リーグで日本人選手が活躍する度に「偶然だぞ」のプラカードが掲げられた。これは敵方のファンの嫌がらせではなく、裏には「It’s gonna happen」と書かれていたそうである。この日本語訳が難しい。何かで調べた結果が偶然そうなったのであろう。
「偶然」とは、予期せぬ出来事がおこるさまという意味である。日本人選手の活躍を褒めるつもりが、からかう結果になってしまった。
[PR]
by iwaoka2 | 2008-04-21 20:47
<< 呼び名  梅と桜   >>