「~頃」と「~位」

 「今頃 此の頃 近頃 年頃 中ナカ頃 食べ頃 見頃」のコロはゴロと連濁をおこして、漠然とした時間や日数や時期を指す。「手頃 値頃」も連濁をおこして、丁度良い、自分に適していることを表す。  
この頃ゴロは最近のこと。  
この頃コロ は、前後の文脈からある時期を指す。 
 江戸時代の浮世絵は日本の代表的な版画で、此の頃コロは一枚一枚丁寧に手で刷っていた。此の頃ゴロは印刷機とその技術の発達で、一度に大量の絵を刷ることができる。

 「~位」は、「中位 これ位 それ位」等で、大きさや長さや重さや嬉しさ・悲しさ・辛さ等の程度を表す。
「中位の長さの棒・これ位のスイカ・これ位嬉しいことはなかった」のように使われる。
[PR]
by iwaoka2 | 2006-07-07 22:39
<< 「一杯」と「いっぱい」 「確かに」と「確か」 >>