「確かに」と「確か」

「確かに」は形容動詞で、確かさの程度が強い。 
「書類は、確かに受け取りました」間違いのないこと。確実なこと。
「まだ頭は確かだ」「身元の確かな人」危なくないこと。安全なこと。信用できる。
「確かな証拠」「出所の確かな骨董品」はっきりしていること。明瞭なこと。

「確か」は、「(自分の記憶によれば)まず間違いなく」という意味であるが、最近その確かさが少し弱められて、「思います」の意味が強くなってきた。
「それは、確か去年の6月だったと思います」
「確か、君の家の近くの寺だと思う」

「確かに」は、確実なはっきりしていることである。「確か」はあまり確実ではない。
[PR]
by iwaoka2 | 2006-06-02 00:07
<< 「~頃」と「~位」 言葉の遊び 漢字と感字  >>