「お見舞い」と「お悔やみ」

あちこちで、大きな災害がおこり、本当に痛ましいニュースが多い。
ハリケーンの凄まじい自然の驚異に、科学がこんなに発達した今、人間の無力さを感じる。
テレビやその他で、被害に遭われた地域や知人に対して、「お悔やみ申し上げます」とか「お悔やみの手紙を送った」という方があった。

「お悔やみ」は「人の死に対して、惜しんで弔う」という意味である。「悔やむ」のもう一つの意味は、主に自分のやったことに対して、残念に思ったり、後悔したりする意味である。従って、大きな災害に対して使う言葉ではない。
「お見舞い」は災難をうけたり病気にかかったりした人に対して、慰めたり品物を送ったりすることである。災害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。
[PR]
by iwaoka2 | 2005-10-02 00:07 | 言葉のエッセイ
<< 「隣」と「横」  長~い敬語と謙譲語  >>